5つのチャレンジ

ゲノムビッグデータチャレンジ

がんゲノムに関するオープンビッグデータベース「がん細胞株百科事典(CCLE)」には、約900種類のがん細胞株の遺伝子変異データに加え、24種類の抗がん剤を添加したときの感受性を数値化したデータがある。本データを教師データとして機械学習を適用することにより、遺伝子変異から抗がん剤感受性を予測するコンテストを行う。東京大学大学院 新領域創成科学研究科と連携予定である.

行政オープンデータチャレンジ

近年、行政機関から提供されている LOD(Linked Open Data)を活用し、市民への情報サービスの開発を通して、LODの活用方法を検討する。静岡大学 情報学部,青山学院大学 社会情報学部と連携予定である.

運転挙動ビッグデータチャレンジ

特定の地域を走行する自動車のCAN(Controller Area Network)および車載センサを通じて収集される様々なドライバーの運転挙動データを利用して、自動車走行時の不安全行動の推定から、燃料消費や環境負荷の推定、エコドライブ支援等への活用方法を検討する。茨城大学 工学部と連携予定である.

ECビッグデータチャレンジ

経営科学系研究部会連合協議会および日本OR学会「ビッグデータとマーケティング分析研究部会」部門に協賛し、データ解析コンペティションを共同運営する予定である。参加チーム・メンバーには、開発された教材の提供を行い、フィードバックをもらう。関西大学大学院 商学研究科と連携予定である.

連携企業 (データ共同分析)

  • 楽天技術研究所
  • リクルート
  • GDO

経営科学系 研究部会 連合協議会 (データ分析コンペ協賛)

データ解析コンペティション2013年度参加校

  • 秋田県立大学 実践女子大学 東京都市大学 大阪大学 専修大学
  • 東京農工大学 大阪府立大学 多摩大学 東京理科大学 岡山理科大学
  • 千葉工業大学 同志社大学 尾道市立大学 千葉大学 徳島文理大学
  • 京都大学 中央大学 南山大学 群馬大学 帝京大学 福岡女子大学
  • 鹿児島大学 東海大学 福岡大学 神奈川工科大学 東京工業大学
  • 北海道大学 慶應義塾大学 東京大学 立命館大学 静岡大学
  • 東京電機大学 早稲田大学

位置ビッグデータチャレンジ

人や車、モノの位置データを取得分析することによって生み出される新しいサービスについて、その課題発見から、サービスに対する要求分析、システム設計、プロトタイプによる評価を対象にしたビッグデータチャレンジを実施する。準天頂衛星初号機開発機関である宇宙航空研究開発機構などとも連携する。東京大学,東京海洋大学,アジア工科大学と連携予定である.