作成者別アーカイブ: yamaguti

H27年度 データ解析コンペティション成果報告会において「ビッグデータチャレンジ賞」を授与しました

2016年3月15日に,H27年度 データ解析コンペティション成果報告会において,データ解析コンペティションの各部門の優秀チームに対して,「ビッグデータチャレンジ賞」が授与されました. (協賛 慶應義塾大学 文科省委託事業「スキルと実践を重視したビッグデータ・イノベーション人材育成プログラム」)

●板橋区データ
チーム名:中田総研(min)
中田和秀,片山翔太,吉住宗朔*,平野豪一*,田澤浩二(以上,東京工業大学,*は大学院)

●板橋区データ
チーム名:宿研庶務課
土田潤*,宿久洋(同志社大学文化情報学部,*は大学院)

●ID-POSデータ
チーム名:H’sdog2015
桝田晃岐*,佐藤卓裕*,丹羽亮人*,鈴木秀男(慶應義塾大学,*は大学院)

●ID-POSデータ
チーム名:ASAP
松井佑介*1,橘川雄樹*2,Beltran Ullauri Jessica Gabriela*3,鄭弘鎭*3,遠山美穂*1,畠山悠*1,Nguyen Viet Anh*2,原健翔*2,Jovilyn Therese B. FAJARDO*2,島村徹平*1(*1 名古屋大学医学系研究科,*2 名古屋大学情報科学研究科,*3 名古屋大学工学研究科)

理工学部市民講座にて、本取り組みを発表しました

第24回 慶應義塾大学理工学部 市民講座にて,本取り組みを発表しました.

2015年度 理工学部 市民講座 プログラム
【日時】2015年6月6日(土) 13:00~17:30
【場所】慶應義塾大学 日吉キャンパス 協生館2階 藤原洋記念ホール
【プログラム】
13:00~13:10 開会挨拶(理工学部長)
13:10~14:00 講演① 理工学部管理工学科 教授 山口高平
「行政とeコマースにおけるビッグデータチャレンジ」
14:00~14:10 質疑応答
14:10~14:20 休憩
14:20~15:10 講演② システムデザイン・マネジメント研究科准教授 神武直彦
「位置情報ビッグデータによる社会イノベーション~宇宙からコミュニティまで~」
15:10~15:20 質疑応答
15:20~15:40 休憩およびポスターセッション
15:40~16:30 講演③ 理工学部生命情報学科 教授 榊原康文
「ビッグデータが開く新たな生命科学と医療」
16:30~16:40 質疑応答
16:40~16:50 閉会挨拶(研究奨励・交流委員会委員長)
16:50~17:30 ポスターセッション
司会:須藤 亮(研究奨励・交流委員会委員)

【ポスターセッションの発表一覧】
運転行動データベースを用いた不安全行動の発生地点及び燃費の悪いドライバーの抽出に関する基礎的検討
櫻井 宏樹、中村 敏樹、藤山 凜太朗

チェックインの効果の検証とそれに基づくアプローチ
蓑田 和麻、湯浅 創、織原 暉

顧客行動データに基づいた離反顧客予想に関する研究
五十嵐 丈浩、植 駿一朗、最上 雄太

大規模店舗レイアウト改修および津波防災のための位置ビッグデータ利活用実践
西野 瑛彦、高畠 大輔

交通センサスデータに基づく道路行政支援アプリケーションの開発
石井 誉仁、木本 達也、菅 陽哉、菅原 優、別府 高志

購買サイクルを考慮したレコメンドエンジンの開発
関根 嵩之、今野 高明

小売業における顧客の成長及び維持のためのFSPの改善提案
保浦 謙人、古寺 諒

Mahoutを用いた網羅的データからの抗がん剤感受性予測
春山 晃平、田中 佑岳、土谷 麻里子

「DeNAの大規模データマイニング活用したサービス開発」講義資料公開

2014年12月15日(月)に,2014年度 ビッグデータ実践論 第2回特別講義にて,
濱田 晃一先生(株式会社ディー・エヌ・エー)が講演された
講義資料が,SlideShareで公開されました.

■ 講義資料 SlideShare:
「DeNAの大規模データマイニング活用したサービス開発」
http://www.slideshare.net/hamadakoichi/dena-46573694

2015年度 ビッグデータ・イノベーション人材育成プログラム説明会

2015年度ビッグデータ・イノベーション人材育成プログラム説明会を以下のとおり実施いたします.
説明会で、履修者を決定し、4/14(火)10時までにWeb登録を行って頂きますので、履修希望者は必ず出席してください.

日時:2015年4月13日(月)3時限
教室:12棟209番教室

※履修希望者多数の場合は履修者制限があります.
ビッグデータツール論の受講者は,
ビッグデータ実践論も受講する必要があります.
ビッグデータツール論のみ単独で受講することはできません.
4月15日(水)に許可者を発表します.
学生課廊下の掲示板を確認してください.

H26年度 データ解析コンペティション成果報告会において「ビッグデータチャレンジ賞」を授与しました

2015年3月13日に,H26年度 データ解析コンペティション成果報告会において,データ解析コンペティションの各部門の優秀チームに対して,「ビッグデータチャレンジ賞」が授与されました. (協賛 慶應義塾大学 文科省委託事業「スキルと実践を重視したビッグデータ・イノベーション人材育成プログラム」)

●データ1部門(良品計画様提供データ)
チーム名:坊っちゃんデータ解析部
安藤 晋,河合 未夢,能上 慎也,保坂 忠明 他(以上,東京理科大学)

●データ1部門(良品計画様提供データ)
チーム名:マクスウェル
関根 嵩,今野 高明,鈴木 秀男(以上,慶應義塾大学)

●データ2部門(全日本食品様提供データ)
チーム名:中田総研(Primal)
中田 和秀,高野 祐一*,小林 健,西村 直樹,吉田 佑輔,菅原 光太郎,山根 智之(*は専修大学,その他は東京工業大学)

●データ2部門(全日本食品様提供データ)
チーム名:ゴトウ商店
後藤 正幸,松嵜 祐樹,山上 敢,山崎 史博,三川 健太(以上,早稲田大学)

ビッグデータ実践論 成果発表 開催報告

日時:2015年1月19日(月) 12:30~14:30
場所:慶應義塾大学矢上キャンパス 厚生棟大会議室
発表タイトル・発表者(順不同)
「Mahoutを用いた網羅的データからの抗がん剤感受性予測」
春山 晃平、田中 佑岳、土谷 麻里子

「チェックインの効果の検証とそれに基づくレコメンド」
蓑田 和麻 湯浅 創 織原 暉

「交通センサスデータに基づく道路行政支援アプリケーションの開発」
石井 誉仁、木本 達也、菅 陽哉、菅原 優、別府 高志

「運転行動データベースを用いた不安全行動の発生地点及び燃費の悪いドライバーの抽出に関する基礎的検討」
櫻井 宏樹,中村 敏樹,藤山 凜太朗

「顧客行動データに基づいた離反顧客予想に関する研究」
五十嵐 丈浩、植 駿一朗、最上 雄太

「購買サイクルを考慮したレコメンドエンジンの開発」
関根 嵩之、今野 高明

「顧客の成長及び維持に関するPLSIを利用したクーポンの改善」
保浦 謙人、古寺 諒

「大規模店舗レイアウト改修および津波防災のための位置ビッグデータ利活用実践」
西野 瑛彦

「アソシエーション分析を用いた顧客の購買行動分析」
山田 隆史

以上

20150119_1 20150119_2
20150119_3 20150119_4